「青少年のための科学の祭典2022 八戸大会」を予約制で開催!ブースは縮小したけれども、多くの子どもたちが楽しんでいたよ!

どうも、科学であそび隊です(・∀・)

コロナが落ち着いたとはまだ言えない状況ですが、イベントは開催しているところも増えてきましたね。

良い意見、悪い意見があるかもしれませんが・・・立ち止まっていても元気だけがなくなっていくわけで。

なんとか試行錯誤しながら、前に進んでいけたらいいですよね( ・`ω・´)

ということで今年、

青少年のための科学の祭典2022 八戸大会

が予約制で開催されました!

ドグー博士
今回はそのときの様子を

さて、2022年8月6日と7日に、八戸市民センターにて「青少年のための科学の祭典2022 八戸大会」が開催されました。

今年も完全予約制ではありましたが・・・夏休みの工作イベントも減っている今、数百組が足を運んでくれました( ・`ω・´)

科学であそび隊では今回、2つのブースを用意。

1つは

紙コップカムバック

です(・∀・)

You Tube動画も今年制作しましたよ
なおこ隊長

「紙コップカムバック」は、出来上がったものをコロコロ転がすと戻ってくるというおもちゃ。

見た目は紙コップなので、パッと見はつまらなそうに見えるかもですが(笑)

転がしてみると意外と癖になる楽しさがあります!

ひろし
地面が傾いているのでは?と不思議がっている子もいましたよ

もう1つは、久しぶりに復活した

カルメ焼き

です!

カルメ焼き・・・科学であそび隊のサイトでも人気ページなのですが。

久しぶりに復活した今回、会場でもかなり人気のブースとなっていました( ・`ω・´)

予約制なので、行列ができるということはありませんでしたが。

それでも、途中休憩が難しいくらい子どもたちが集まって楽しんでくれたみたいですね!

なおこ隊長
会場での飲食は厳禁ということで、食べるのは家に帰ってから・・・

もちろん、科学であそび隊以外にも様々なブースがありまして。

特にポリマーの飾りを作るブースは結構並んでいました(・∀・)

ということで、コロナ前よりはブースを縮小したり、参加者も少ない形にはなりましたが。

それでも、夏休みの工作や勉強を兼ねて来てくれた子どもたちが、

楽しかった!

と言って帰ってくれる・・・これが嬉しいんですよね!

コロナ禍の今でも、出来る形でイベントを開催する・・・来年こそは今まで通りの形になるといいですね(・∀・)

それを夢見ながら、次なる動きを考えていきたいと思います。

それでは!

© 2022 科学であそび隊 | 青森県八戸市で科学を楽しむボランティア団体